おんな城主 直虎

「おんな城主 直虎」(78)登場人物紹介2ーその他(井伊家・今川家・井伊家家臣団の他)の重要人物 <2017年NHK大河ドラマ>


2017年NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の登場人物紹介の再整理版で、今回は井伊家・今川家・井伊家家臣団に入らなかった人物の中で、今後のドラマ展開で外せない人物をピックアップしました。

 

記事の形態は、従来通り以下の方法で記事を作ります。

  • 記事上部に紹介する人の名前を列記し、その名前をクリックしたら下方の記事に飛ぶ
  • 各登場人物の右下にある「一覧に戻る」と書いてある箇所から記事上部の登場人物一覧に戻る
  • 物故者は文字を灰色にしました。

と書いたものの、その他重要…として以前からご紹介している人物には、まだ物故者は居ません。

 

登場人物の記事は、以下の内容です。

  • 氏名
  • 大河ドラマ出演者
  • 人物について説明

 

この記事の下部に、登場人物紹介及び人物相関図へのリンク集とを貼り付けてありますので、併せてご利用頂ければ幸いです。この行の青字部からでもその最下部へ飛んで行けます。

これは11分程度で読める記事です。

 

1.【登場人物紹介ーその他の重要な人物】

<その他重要な人物>

 

 

織田信長

役名:織田信長(おだのぶなが)

出演者:市川海老蔵

 

尾張(おわり)を拠点に覇権を広げ、「稲狭間の戦い」で 今川家の大軍を撃破し、海道一の弓取りと恐れられた今川義元を討ち取ります。

さらに、武田家や徳川家と縁戚関係を結び、今川家に対する守り固めると、美濃(みの)を攻略します。

その後、足利義昭を擁して上洛を果たし、義昭を室町幕府第15代将軍職につけます。

そうして武家による天下統一を目指し、精鋭軍を率いて有力大名 を次々とねじ伏せていきます。

一覧に戻る

龍雲丸

役名:龍雲丸(りゅううんまる)

出演者:柳楽優弥

 

幼い頃に戦乱で両親を亡くして以来、孤児や流れ者を束ね、流浪の生活を送りますが、実は武家出身です。

直虎と偶然出会い、互いに興味を持ちます。

直虎は龍雲丸の統率力と潜在能力に目をつけ、家臣として招き入れようとしますが、龍雲丸はそれを拒否します。

そして気賀で「龍雲党」を結成した龍雲丸は、気賀の裏のまとめ役となり、直虎とも信頼関係を深めていくのです

一覧に戻る

 

モグラ

役名:モグラ

出演者:マキタスポーツ

 

龍雲党の中では年長で、龍雲丸も一目置くサブリーダー的な存在です。

甲斐の金山で採掘をしていた過去 を持ち、「モグラ」の名の由来は特技の穴掘りから来ています。

木の伐採を請け負った井伊谷で、力也らとともに百姓を相手に博打(ばくち)場を開き、直虎を驚かせます。

龍雲丸と同様、直虎が民の声を聞く領主であることに好感を持っています。

龍雲丸が、商いが盛んな気賀の町で請け負い仕事の元締めとなると、その右腕として活躍します

一覧に戻る

力也

役名:力也(りきや)

出演者:真壁刀義(まかべとうぎ)

 

龍雲党の中で最も屈強な男。「力也」の名の由来はタフかつ力自慢であることから来ています。

木を伐る技術を持っているが、訳ありで故郷を追われたといわれている。

スリを働いた仲間を追ってきた直虎を捕らえ、龍雲丸に引き合わせます。

博打場を開くなど、問題行動もありますが、根は善良で仲間思いの熱血漢です。

井伊谷の木の伐採を請け負ったことをきっかけに、井伊の百姓とも打ち解けていきます

一覧に戻る

カジ

役名:カジ

出演者:吉田健悟(よしだけんご)

 

みなしごで、幼いころから船乗りの元で下働きをしていましたが、龍雲丸に拾われて、一味に加わることに。

船を操る技術に長けていて、「カジ」の名の由来はその技術から来ています。

井伊の百姓から酒を盗んだと疑われますが、潔白が証明されると皆と交流を深めていきます。

その後、龍雲党の仲間とともに気賀で働くようになります。

一覧に戻る

ゴクウ

役名:ゴクウ

出演者:前田航基(まえだこうき)

 

龍雲党のマスコット的存在。

みなしごで、幼いころから船乗りの元で下働きをしていましたが、海が荒れたとき に人身御供として海に投げ込まれたが生き延び たという強運の持ち主です。「ゴクウ」の名の由来は人身御供となった逸話から来ています。

祝田村の百姓・富介の娘に付きまとったと疑われますが、疑いが晴れると、皆と打ち解けていきます。

その後、龍雲丸に従って一味に加わり、井伊谷を離れ、気賀で働くようになります

一覧に戻る

甚兵衛

役名:甚兵衛(じんべえ)

出演者:山本學(やまもとがく)

 

瀬戸村の百姓たちが戦に駆り出され、田畑をろくに耕せない状況に頭を悩ませます。

村の長老として、百姓たちの借金を棒引きにする「徳政令」の発令を直虎に願い出ますが、財政的な事情で拒否されてしまいます。失望した甚兵衛は、今川家に救いを求めまする。

しかし、農作物の生産を増やして民を潤したいという直虎の思いを知り、村人を率いて協力するようになっていきます

一覧に戻る

八助

役名:八助(はちすけ)

出演者:山中崇(やまなかたかし)

 

直親の没後、新たに領主となった直虎に、百姓たちの借金を棒引きにする「徳政令」の発布を願い出ます。それが聞き入れられないと分かると、今川家に直訴します。

高利貸の瀬戸方久を襲うなどして抵抗しますが、その後、直虎が領民を潤す政策に取り組もうとしていることを知った八助は、直虎に協力するようになるのでした。

一覧に戻る

角太郎

役名:角太郎(かくたろう)

出演者:前原滉(まえはらこう)

 

貧困に苦しむ瀬戸村の実状を直虎に訴えます。

当初は直虎に批判的でしたが、みずから田植えをし、百姓たちと手を携えて井伊の領地を潤そうとしている直虎の姿に感銘を受け、信頼を寄せるようになります

一覧に戻る

富介&福蔵

役名:富介(とみすけ)&福蔵(ふくぞう)

出演者:木本武宏(きもとたけひろ)&木下隆行(きのしたたかゆき)

 

近隣の瀬戸村が、直虎から「徳政令」を出してもらうと聞き、同様の措置を直虎に願い出ます。

直虎は、瀬戸村に一度は認めた徳政令が、実は井伊家の財政に壊滅的な影響を与えかねないことを知り、その発布を中止します。

これを聞いた富介と福蔵は憤るのですが、「民が潤えば井伊も潤う」という直虎の考え方を理解してからは、その農業政策に協力するようになります。

直虎が龍雲丸ら盗賊団を雇ったときは困惑しますが、やがて龍雲丸たちとも打ち解けていきます

一覧に戻る

役名:辰(たつ)

出演者:山本圭佑(やまもとけいすけ)

 

裸一貫からわらしベ長者のごとく銭を増やした瀬戸方久の商才に憧れ、彼に従します。

茶屋、綿花栽培、材木売買、鉄砲づくりなど多岐にわたる方久の商いを献身的に手伝います

一覧に戻る

蜂前神社の禰宜

役名:蜂前神社の禰宜(はちさきじんじゃのねぎ)

出演者:ダンカン

 

祝田村にある蜂前神社の神主です。

借金と年貢の取り立てに苦しむ百姓たちに、「徳政令」の発布を今川家に直訴したらどうかと助言します。実は…これには背景があり、この禰宜は神官でありながら商人でもありました。瀬戸村・祝田村で商才長けた新興商人の瀬戸方久の存在が面白くないのです。そこで、徳政令を発布させて、方久に打撃を与えようと画策した、というのが百姓への助言の裏にあるこの禰宜の事情です。

家老の小野但馬守政次と緊密に連絡をとり、政次が虎松の後見職に就くようにと陰で動きます。

直虎が領民の心をつかんでいく様子を複雑な思いで見守ります。

一覧に戻る

五平

役名:五平(ごへい)

出演者:おかやまはじめ

 

刀鍛冶が盛んな井平の鍛冶職人です。

直虎から、瀬戸方久が入手した鉄砲を見本にして、鉄砲を作ってほしいと依頼されます。

井伊の鉄砲作りが今川家に露見しそうになった際は、方久の指示を受けて先手を打って今川家に参じ、以後、今川家のもとで鉄砲作りに励みます

一覧に戻る

松下常慶

役名:松下常慶(まつしたじょうけい)

出演者:和田正人(わだまさと)

 

秋葉(あきば)神社の火除け札を売る山伏で、諸国を行脚(あんぎゃ)しながら情報を集めています。

生家の松下家は今川家の支配下にありますが、常慶は松平家の間者であり、武田家にも人脈を持ち、織田家の動きにも詳しいのです。

井伊谷の龍潭寺にもたびたび出入りし、貴重な情報をもたらします。

のちに直虎と徳川家康を結びつける存在になる

余談ですが、この松下常慶のお兄さんは松下源太郎清景(まつしたげんたろうきよかげ)といい、のちに虎松の母親のしのと再婚します。

一覧に戻る

傑山

役名:傑山(けつざん)

出演者:市原隼人

 

昊天とともに南渓和尚の一番弟子で、直虎の兄弟子です。

武芸に秀で、井伊家の人々の護衛としても活躍します。

顔を絶やさない柔和な性格ですが、井伊家の一大事となると、猛々しく長刀をふるいます。領主となった直虎の身を案じ、陰で支えます。

井伊家の子息たちに武芸を教え、幼い虎松のことも容赦なく鍛えます

一覧に戻る

昊天

役名:昊天(こうてん)

出演者:小松和重

 

南渓和尚の右腕的存在。クールな頭脳派で、寺の運営を取りしきっています。

直虎や政次の学問の師です。直虎が龍潭寺で修行していた際には、兄弟子として教育係を務め、僧侶としてのあるベき姿勢をたたき込みました。

直虎が領主として領内経営に乗り出すと、その意向を受けて領民たちに学問を授けます

一覧に戻る

中村与太夫

役名:中村与太夫(なかむらよだゆう)

出演者:本田博太郎(ほんだひろたろう)

 

商人が治める気賀で、「中村屋」の屋号で物資の売買をしています。

瀬戸方久を介して直虎と知 り合い、綿布の商いについて教えます。

また、井伊家が材木売買に乗り出すと、売り先を見つけるなどして直虎に協力します。しかし、その材木の売り先をめぐって思わぬ騒動が起こります。

騒動後も直虎を応援 し、直虎を気賀の城主とするべく奔走します

一覧に戻る

伊勢屋

役名:伊勢屋(いせや)

出演者:松尾貴史(まつおたかし9

 

気賀で商いをしています。

気賀に今川家の城が築かれると聞き、自由な商いができなくなるのではないかと危機感を抱き、商人仲間と相談して三河(みかわ)の国衆(くにしゅう)と結んで築城を阻む計画を立てますが、直虎に説得されて断念します。

城が建つなら、気賀に誼(よしみ)の深い直虎に城主になってほしいと望みます。

一覧に戻る

大沢元胤

役名:大沢元胤(おおさわもとたね)

出演者:嶋田久作(しまだきゅうさく)

 

浜名湖東岸の堀江城を拠点とする今川家配下の国衆です。

今川氏真から、気賀の商人に城を築かせ、城主として入るようにと命じられます。

その目的が気賀の商いの監視だったため、商人たちの反発に遭ってしまいます。

複数の城を持ち、気賀だけに労力を取られるのを避けたい基胤は、気賀の城主を直虎に譲りたいと氏真に申し出るのでした

一覧に戻る

松平家康(徳川家康)

役名:松平家康(まつだいらいえやす。1566年以降は徳川家康)

出演者:阿部サダヲ(あべさだを)

 

今川家への人質として、駿府で少年時代を過ごします。

「桶狭間の戦い」の出陣中に義元の討死の知らせを聞き、地元の岡崎城にちゃっかり帰還し、今川家に反旗を翻します。

三河の平定に着手し、さらに武田家と結んで今川領へ侵攻します。氏真が拠る掛川城を攻めくだして遠江を支配下に置きます。

その後、浜松城を築城し、関係が悪化した武田家の軍と対峙することになります。

一覧に戻る

瀬名(築山殿)

役名:瀬名(せな。築山殿とも)

出演者:菜々緒(ななお)

 

父は今川義元の重臣・関口親永(せきぐちちかなが)、母は井伊直平の娘・佐名(さな)。

直虎とはよき友として乱世をともに歩みます。

今川家の意向で徳川家康に嫁ぎ、竹千代(松平信康)、亀姫を産みます。

家康が今川家から離反した際は、今川家の人質になりますが、のちに解放されるものの、家康の政治的駆け引きに翻弄され続け、最期は非業の死を遂げます。

一覧に戻る

酒井忠次

役名:酒井忠次(さかいただつぐ)

出演者:みのすけ

 

家康が今川義元の人質だった頃からそのそばに仕える忠臣です。

甲斐の武田家と結んだ家康は、今川氏真の領国である駿河に侵攻しますが、忠次はこれに先立って武田家との交渉に当たります。

忠次は戦場においても数々の功を立て、家康の出世を支え続けます

一覧に戻る

石川数正

役名:石川数正(いしかわかずまさ)

出演者:中村織央(なかむらおずの)

 

家康が今川義元の人質だった頃からその そばに仕えた忠臣です。

「桶狭間の戦い」で義元が敗死し、家康が独立した際は、人質として今川方にいる家康の妻子を取り戻すべく交渉に当たります。

軍事面でも徳川家を支えます

一覧に戻る

 

 

2.登場人物紹介及び人物相関図へのリンク

この大河ドラマのblogを運営をしていて、思いの外、登場人物紹介や人物相関図の記事へのアクセスが多いので、全ての記事にリンクを配置することにしました。

 

広告



今回の記事はここまでです。

こちらのリンクからは他の方のblogをご覧頂けます。大河ドラマに関する情報満載ですよ。一度だまされたと思ってポチッ!とな…とされては如何ですか?

↓↓↓

にほんブログ村

-おんな城主 直虎
-